プロフィール

VJED。小さいガジェット大好き

Author:VJED。小さいガジェット大好き
主なPDA遍歴
MobileGearMC-K1,NewtonMP130,
PalmPilot,ThinkPadj30,Palm100,
CLIE-T600,TH55,Treo90,Treo680

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

でーてーぺー 私的ガレーの漕ぎ手雑記
日々思うDTPの愚痴から日常の風景。 ときどきPDAや携帯などについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ沈まぬや残暑は
前回からずいぶんと間が空いてしまいましたが、残暑の暑さでスタミナ低下。
冷房のない社内廊下・階段は熱帯地方。
ドラクエの毒の沼地を歩くかのように、一歩ごとにHPが減っていく感じです。
すっかり栄養ドリンクが放せません。
エンジン出力低下、されど業務に、支障、なし…という徳川機関長の声が聞こえてきます。


仕事のほうは夏休みが終わったとたん、また忙しくなりました。
毎日8時半の残業続き。始業が8時半ですから、ほぼ12時間会社にいることになります。
しかも仕事は何の達成感もない、ぶつ切りゲラの赤字修正。

特に何も起こらない、何も記憶に残らない日々、仕事が終わって家に着いたら夜の10時。
せいぜい1時間ちょっとのプライベート時間を過ごして就寝。
という毎日では、ここに書くようなことも起きませんね。

吸収された前の会社の社員とは会う機会もなく、ときおり廊下ですれ違ったときに一言二言話す程度です。
最近ではますます仕事の単価は下がっているうえ、どこも生き残りをかけて仕事の奪い合いが続いている様子。
ドラゴンボールのナメック星編のように、他社の仕事を奪って奪われて、また奪い返して。
そしてそのたびに単価は下がっていくという悪循環。

そんな中で私の担当していた月刊誌もついに出版社に取り上げられてしまいました。

編集長から苦情が行ったのでもなく、出版社の雲上人であらせらる経営者一族の一声による決定だそうで、呼び出された親会社の常務取締役は一方的な決定事項だけを伝えられて帰ってきたとか。
700ページ級の年鑑誌はなし。月刊誌は現在進行している今月号をもって、私の手から放れることになりました。


思い返せば3代前の編集部から「細かな指示・制作の癖を全て伝えるから、阿吽の呼吸でこなせるよう、この仕事の専属になれ」と言われて6年間。常連客の「いつもの感じで」の一言で仕事をしてきた美容師のような感じで頑張ってきました。

校正用語も校正記号も、写真のトリミング指定すらも消えていった原稿指示を、私の経験で補完して仕上げてきた自負はあります。
そこには20代の頃にデザイン事務所で培った、社長の書いたラフデザインをブラッシュアップするという経験が活きていました。


何度も書いてきましたが、2010年前後からベテラン編集員がごっそり消え去り、後を継いだのは仕事の引継ぎもない安い給料で雇われた契約派遣の20代の若い女性たち。
私の補完なしで、彼女たち編集員の書いた指示書通りに作った初校を見て編集長が怒り、結局私の首がつながったのは昨年のことでした。

本社の分業体制では「いつもの感じで」と言ってくる編集部の仕事には対処できなく、ここ数ヶ月は私ひとりに押し付けた形となっていました。
そこには顧客からのクレームが社長の耳に入れば簡単に首が飛ぶリスクがありますから、手堅く馴れている私に制作させておけば安泰という中間管理職の保身の考えがあったことと思います。

お前一人でやっていたこの程度の月刊誌の仕事なんて、200名のオペレーターと我が社の分業体制をもってすればあっという間だ、と吸収合併後に乗り込んできて豪語していた役職者の鼻をへし折った形になり、傘下に下った者の意地と矜持を示した結果に私自身も自己満足していましたが、やっぱり一人で抱え込むのは難しく、この仕事が手を離れると聞いてホッとしたのが正直な気持ちです。

仕事を引き上げた出版社の理由は恐らく制作費削減だと思います。
もう3年前から値下げ要求はたびたび来ていましたから、仕事を取り上げて別の印刷会社にもっと安く作らせようという意図なんでしょう。

編集部の皆さんも青天の霹靂、これから700ページ級の年鑑誌と月刊誌を同時進行していかなくちゃいけない時期に、慣れていた会社から全く初めての会社に変わるのですから大変です。
またストレスでパニックを起こさないといいけれど。

なんにせよ、社員になってからの出来事でよかったと思っています。
解雇しやすい契約社員の時でしたら、あっという間に用済みだったでしょうから。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vjedelta.blog72.fc2.com/tb.php/422-3fbfa4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。