プロフィール

VJED。小さいガジェット大好き

Author:VJED。小さいガジェット大好き
主なPDA遍歴
MobileGearMC-K1,NewtonMP130,
PalmPilot,ThinkPadj30,Palm100,
CLIE-T600,TH55,Treo90,Treo680

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

でーてーぺー 私的ガレーの漕ぎ手雑記
日々思うDTPの愚痴から日常の風景。 ときどきPDAや携帯などについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月15日の更新
今月、うちの部署から2名が辞めていきました。
1人は派遣社員で、最初の更新をせず契約終了。もう1人は去年入社した新入社員。
どちらも「毎日締め切り前の忙しさで心身ともに持たない」という理由でした。

私がこちらへ来てから1年半経ちました。
来た当時、部署の総勢は23名。
そしてこの1年半の間に、10年勤続正社員2名、4年勤続正社員2名、
新入社員1名、契約社員4名、派遣社員2名 が退社
現在、部署の総勢は23名。
なんという損耗率!

まさに調査兵団なみ!

2013-0615-1.jpg
2013-0615-2.jpg
2013-0615-3.jpg
2013-0615-4.jpg
(C)講談社 「進撃の巨人」諫山創


休まず全力で漕ぐことを要求し、人を短期間で使い潰して、この船は進んでいます。
本当にブラックです、ありがとうございました。





さて、宇宙戦艦YAMATO2199の第6章が今日から上映開始となりましたので、さっそく行って来ました。
MOVIX亀有は今日で二回目です。11時から始まる二回目を選びました。
BD組は1回目に集中したのか、席は2/3が埋まっている様子でした。

気になる内容は、前半の山場「七色星団」が旧作通りの展開で楽しめました。
ちょっと余計なのを追加したせいで畳み掛ける波状攻撃のテンポは悪くなった印象ですが、
劇場に相応しい作画と演出で満足でした。
お調子者のバーガーは死んでしまったん? 船もろとも生きていて欲しいな

後半の二話はテレビのスケジュールに合わせた工期短縮のあおりを受けて、手抜き作画が目立ちました。
テレビ放送として見る分には「まぁこれくらいでしょう」と思いますが、
こちらは劇場に耐えうるクオリティを期待して来ており、
前回の第5章と前半二話分がすばらしかっただけに拍子抜けした印象が否めませんでした。

脚本自体も煮詰めが甘いかな?と思わせる箇所もあり、強敵は時間でしたねという感じでした。

それにしても…薮
ヒースロー空港で置いてけぼりされたツアー客ではないけれど
がんばって帰ってきてくださいね状態なのが気になりました。

最後の第7章は8月上映予定
あぁ、作画が気になる…
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私、以前の会社の後継息子に
社員は使い捨てですか?と
掲示板に書き込み、激昂されておりましたが、
消耗品というか、ホントに大事にしませんね。
この業界。
私も同僚も使い捨てでした。

もっとも大事にする会社なら、
辞めるはずもないのですが。

人が入れ替わる事で起きる生産性の低下を
よく考えて欲しいものですがね、
上は得てしてそんなの考えてないんですよね。

ヤマトは最後にガミラス兵が乗り込んでくるエピソードが
ドリルミサイルに入ってるんじゃないかと思ってるんですが、
どうなんでしょうかね?

デスラー艦はいよいよ次だろうし。
デスラー砲の直撃はあるのか?
古代守はイスカンダルにいるのか?
(うろ覚えなんですが、なぜいたのか旧作は辻褄がおかしい気がします)

7章が楽しみであります。



【2013/06/16 04:47】 URL | Y2 #- [ 編集]


いやぁ、本当にお久しぶりです。ここは書き殴り気味なので、いつも返信がおそくなってしまって申し訳ありません。
会社のほうは病根が深いというか、手の打ち所がありませんね。
昭和型経営者の現社長のやり方も限界に見えます。経営者交代による空気一変が効果的かもしれませんが、ワタミなどのニュースを見るに、結局はああいう形になってしまう気はしてしまいます。

YAMATO2199のドリルミサイル。中に突入班がおるんじゃろ? ワシも最初はそうおもた。
ともあれ七色星団戦は画面の密度が凄まじかったです。
第6章は最後の場面で、デスラー砲らしき光線がヤマトめがけて伸びていくところで終わるのですが、劇場で隣に座っていた小学生低学年のお子さんが、「ねぇ、あれデスラー砲?」と父親に聞いていたのに驚きました。

【2013/07/05 23:24】 URL | vje-D #8iCOsRG2 [ 編集]


私もヤマトはハマッてまして
わざわざ見に行きました。

物凄く遠いのに。
お話はわかりましたよ。

あり得ない展開にはなってますが、
さりげなく辻褄が合うようなお話になっているので、
そう来るのか、と楽しんでます。

あと旧作は半分細かいとこは忘れてますからね。


【2013/07/07 18:19】 URL | Y2 #IFdljVkg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vjedelta.blog72.fc2.com/tb.php/453-11b71a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。