プロフィール

VJED。小さいガジェット大好き

Author:VJED。小さいガジェット大好き
主なPDA遍歴
MobileGearMC-K1,NewtonMP130,
PalmPilot,ThinkPadj30,Palm100,
CLIE-T600,TH55,Treo90,Treo680

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

でーてーぺー 私的ガレーの漕ぎ手雑記
日々思うDTPの愚痴から日常の風景。 ときどきPDAや携帯などについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いては獅子も
三連休を潰す土曜日出勤…
事の起こりは社長が社員旅行を思いついたことに始まります。

突然の仙台社員旅行が発表されました。参加は自由
スケジュールは金曜の朝7時に上野駅出発~土曜の夕方各自最寄の駅で列車から下車して自由解散。
一泊二日の強行軍です。
社内の回覧板がまわってきて出欠を取りました。

 まきますか
 まきませんか


一泊二日の強行軍。夜はどうせ接待カラオケ大会が待っているだろうし、何より休日はぐっすり寝たい、ということで不参加に○をしました。

 まきません


しばらくして二回目の出欠回覧板がまわってきました。
参加希望者が少なくて社長が怒っているという声も聞こえてきます。

 特攻隊へ志願する者は一歩前へ!
 貴様ッ!なぜ志願しない!


だまれ、まずは寝かせろ、話はそれからだ
と言うことで二回目も不参加。



さらにしばらくして、7月の三連休の土曜日は出勤にする という社長命令が下ったと告知されました。
どんな理由があろうとも休むことは許されない、全員出勤だと言う話です。
三連休を家族と恋人と友達と、それぞれ予定を組んでいた社員は真っ青。
最初に言ってくれれば社員旅行休んだのにぃ、という女性社員の叫びが木魂しました。



そして私が担当している月刊誌のスケジュールの決定稿が来ました。
 ゴゴゴゴゴ…
 主張校正日が思いっきり社員旅行の日と重なっているッ!

会社側からお客様に事情を話して進行を早回ししてもらうことになりました。

そのせいでお客様から6月最後の土曜を返上して編集作業をすると言ってきました。
もちろん月刊誌に携わる制作班、外注先の社員も土曜日返上して出勤です。

制作班が土曜日出勤するという報告を受けて社長が言いました。
一部の社員が休日出勤するのはよくない、みなでその苦労を平等に分かち合うのが我が社のモットー
…というわけで、その日出る必要もない社員も出勤となりました。
部署的に仕事を手伝うことも出来ない人たちなので、私からすれば居ても居なくても関係ない。


社員旅行で押されたスケジュールの中、二日かけてやる責了を一日で終わらせ、社員旅行前日の木曜日の夜7時、すべての折の校正が終わり印刷工場へ回されたという報告を受けた瞬間、残業して残っていた私の部署からは思わず拍手が漏れました。

 「よくやった、おめでとう、カイジ君。君はやり遂げたのだ。おめでとう。おめでとう」


ところが、社員旅行のために金曜日が使えなくなった印刷工場の機長以下社員一同が、納期に間に合わせるために旅行の翌日の日曜日に出勤して溜まった仕事を刷ると言ってきました。
この報告を聞いて、社員の自発的で忠烈な責任感に涙する社長。

そして無事に社員旅行が終わりました。
金曜日は大雨。土曜日は雨のち曇
参加すればやはり楽しかったらしく、週明けはあちこちで思い出に話しが弾んでいますが、幾人かは雨に打たれて体調を崩し欠勤してました。


そして三連休を翌日に控えた金曜日の朝、営業全員が土曜日を休むという話を聞いて皆目が点に…
そのほかにも、管理部門など社長に近い部署の部長クラスも幾人か休むという。


社長曰く、
お客様が休んでいるため、営業部門が三連休に出勤しても意味が薄い。最初から社員旅行に全員参加を表明していた営業は、むしろ休んで英気を養ってほしい。
管理部門の部長なども社員旅行前のタイトなスケジュールにもかかわらずよくやってくれた、とか何とか言ったとか。

うちの部署の部長以下、役職全員ふてくされですよ。
しょせん俺らは社内下請けさ、という自虐の言葉が課長からもれてきます。

実は本社所属は営業・管理・事務までで、DTP部門、校正編集部門は別の社名になっていて、本社から枝分かれした下に位置しているのです。

 見えるッ!私にも見えるぞ!
 いざというとき切り離される組織の連結器が


この33歳の課長さんは、ずっと前から予定していた家族旅行を潰しての休日出勤だっただけに不憫です。すでにこういうドタキャンを何度もしているせいで幼い娘の信頼は無くなり、奥さんとも冷えた関係になってしまっているとか。
会社に忠誠を尽くしても、社長が物忘れが激しいモーレツ社員賛美の昭和型老人では、どぶに捨てるようなものでした。


てなわけで、今日出勤した社員はだらだらと仕事をしてやる!と息巻いていたのですが、朝礼で、社長から社員に告知するようにと言われた言葉は…

 今年は売上が低下している。新規の書籍の依頼も少ない。この先生き残るために削れるのは人件費だ。
 各自、今以上残業しない方向で効率よく仕事を捌くように。
 この会社が倒産しない、などということはない。危機感を持て。


とありました。
この社長、モチベーションを上げる手段が斜め上すぎて、今の時代では空振りしている…
そして意図せずに社員のモチベーションを下げる天才だ…

倒産という言葉をはっきりと聞いて、ずっとここで働いていた純正社員たちは真っ青です。
精神的にダメージを追ったところに、昨夜に処理されて管理から回ってきた仕事の封筒にはデカデカと

7月16日(火)出稿 厳守!

と書かれていました。

だらだらと仕事をすることも出来なかった土曜日でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vjedelta.blog72.fc2.com/tb.php/456-22d9aeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。