プロフィール

VJED。小さいガジェット大好き

Author:VJED。小さいガジェット大好き
主なPDA遍歴
MobileGearMC-K1,NewtonMP130,
PalmPilot,ThinkPadj30,Palm100,
CLIE-T600,TH55,Treo90,Treo680

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

でーてーぺー 私的ガレーの漕ぎ手雑記
日々思うDTPの愚痴から日常の風景。 ときどきPDAや携帯などについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月20日の更新
4月も中旬を過ぎて年度末進行も一段落して、定時に退勤できる日が多くなりました。
金曜を定時で退社する社員の表情はみな明るく、冗談を言って帰って行きます。

とはいえ、ここのところの気になるのが朝の会議からなかなか戻ってこない部長。

肩書きを持つ社員全員参加の年度挨拶が先週ありましたが、戻ってきた全員の顔色が優れず、言葉すくない様子でした。
その後、会社のサーバー、パソコンのメンテナンスを担当していた古参社員が体調不良で休みがちになったり。
なんだろう、このまま仕事が減れば社員を減らすといわれたのかな?



たしかに去年より仕事の数が減っているのは実感できます。
今月、営業会議で新規獲得と既存の仕事の値上げ命令が出たという話を聞き、今年度早々なかなか厳しい状況を迎えているのだなぁと感じました。

実はずっと前からお客様の要望で、写真映りの映える光沢コート紙でゲラを出稿している仕事がいくつかあるのですが、このコート紙が一枚1,000円ぐらい請求しないとペイできません。
しかし営業からは「この値段をお客様に請求できない」という意見があり、一枚80円の普通紙の四色プリントと同じ価格扱いで現場から請求を上げています。
さらに営業個人の裁量で、最終的に三割・四割引きにして請求書をだしているという話も聞きました。

そういうのは昔からありました。
「次の仕事もうちでお願いします」という意味で営業がやっているのを見てきましたし、下請けの業者さんがそういって請求書を渡してくるのも傍で見てきました。
中には業者と癒着しすぎて着服してしまう人も…
もちろん、発覚してクビになりました。

そういった営業個人の値引きを、取締役、常務あたりは知っていながら特に何かをするということもない様子。
会議の席で「なるべく高く請求するように」という言葉だけが虚しく響くだけです。

ならばデザインという付加価値をつけて価格をあげる大義名分を得ようとした動きが、前に書いたデザイナー率いる新規チームです。
15年前におなじ状況になった当時の会社から同じことを命じられて、私もいろいろ厳しい経験をしました。
印刷会社がデザインという領域に足を踏み込むことにたいしての風当たりの厳しさを実体験してきたこともあり、前途多難だろうなぁと静観しています。
とはいえ、ずっと見ていますが本領発揮する仕事はまだ数件、空いた時間を埋めるように赤字修正や責了下版の仕事をしています。



仕事の値段が下がる。営業が請求を割引く。全体の売上が落ちる。
落ちた分を数で稼ごうとする。

同業他社のやっている仕事を横取りする。掻き集める。廃業して宙に浮いた仕事を受け入れる。
ゲリラ豪雨のように同時期に仕事が一気に現場に押し寄せる。
役職者は水量調整するダム機能を放棄して、現場で処理するように厳命する。
納期死守。

しかし天の声、社長は残業を許可しない。残業代を発生させるなら土曜日曜出勤でこなせと言う。
ならば木金納期の仕事を土日に延ばしていいのかと役職者に打診するとダメだという。
そりゃそうだ、印刷スケジュールも製本の手配も予定されている。
結果、残業せざるを得ない。

現場のオペレーターの大半をその仕事に集中させる。他の仕事がおろそかになる。
おろそかになった担当営業から苦情が出る。現場、停めていた仕事を土曜出勤してこなす。
それでも遅れてゲラ出稿となる。

停められた営業から苦情が上がる。報告書を社長からなぜ言いつけを守らないで残業したと怒られる。
会社立ち上げから社長の下で働いてきた役職者達はダンマリ。怒られる現場課長。話を聞いた主任クラスの下がる士気。

やる気はないなら辞めてもらって結構うんぬんと現場に激を飛ばす役職者。
付いていけないと去る非正規社員と一緒に心折れた古参社員からも辞表。
将来会社を支える人材と期待していた三十代社員が激細りして急に慌てる役職者。
新卒の大量採用。補充で入ってくる年配の契約社員。


去年から今年にかけてこんな感じです。
正直骨をうずめたくない会社だなぁと思いながら、少し離れた位置から眺める私はスナフキン社員。いやジャコウネズミ社員かな?
はたしていつまでそうしていられるのかなぁ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vjedelta.blog72.fc2.com/tb.php/471-20ff9fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。