プロフィール

VJED。小さいガジェット大好き

Author:VJED。小さいガジェット大好き
主なPDA遍歴
MobileGearMC-K1,NewtonMP130,
PalmPilot,ThinkPadj30,Palm100,
CLIE-T600,TH55,Treo90,Treo680

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

でーてーぺー 私的ガレーの漕ぎ手雑記
日々思うDTPの愚痴から日常の風景。 ときどきPDAや携帯などについて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月28日の更新
お盆休み中にシン・ゴジラを観てきました。

面白い映画でした。
自分の生活圏や行動圏が舞台になるとワクワクしますね。
あの道路が! あの路線が! あの踏切が! あの神社が! あの橋が! 怪獣に壊されていく…
子どものころに見た特撮ヒーロー番組で、近くの遊園地が出てくるような気持ちにさせてくれました。

新劇エヴァで苦しんでいるようにみえた庵野先生も、好きなことをやっているなぁと思えてよかったです。
これからは好きな題材を手掛ければいいのではないでしょうか。社会人だからそうもいかないか。
出来れば庵野版宇宙戦艦ヤマトか実写版を撮ってもらいたいですね。

シン・ゴジラは前情報を仕入れず、ネットの評判に目を通さず、真っ白な状態で鑑賞したのが良かったようです。
楽しい気分になったので鑑賞後もネット断ちをして、賛否両論・無粋な突っ込み・個人批判などで感想を乱さないことにしました。

あー面白かった

で、いいと思いました。





そういえば宇宙戦艦ヤマト2199の続編の、2202が制作開始だそうですね。
楽しみにしていますが、なんというか自分にとってのヤマトは一作目が一番好きなんです。二番目は新たなる旅立ち。
作中の「宇宙愛」が胡散臭いっていうわけではないのですが、敵中横断300里モノってやっぱりワクワクしますよね。

2202にはガンダムUCの福井晴敏がシリーズ脚本で参加すると知りました。
UCの6巻「重力の井戸の底で」を見たあとですと、復讐というキーワードが地球側の心情や行動に使われそうな気がします。

だって、2199でデスラーを倒し、イスカンダルの仲裁でガミラス新政府と和平を結んだといっても、それはヤマトだけしか実感してませんし、そもそもヤマト艦内でもガミラス人に親近感を持った人がどれだけいるか。
沖田艦長亡き後、帰還した古代がいくら主張したところで、地下都市で滅亡間際まで追い込まれた地球の人々が耳を貸すわけないと思うのです。なにせ地球には芹沢もいますしね。

それらを合わせて2202の第1話を余興で予想してみました。
①視聴者を惹きつけるために冒頭に派手な艦隊戦シーンを入れる
②生まれ変わった地球防衛軍艦隊の勇姿を見せて、模型購買欲を高める

このような事情を考慮して、
ガミラス艦隊がガトランティスに追われて逃走。
ヤマトは味方だと信じている彼らは、地球に向けて救援を打電しつつ接近する。
地球防衛軍はガミラスが来襲してきたと判断し、遊星爆弾の復讐戦が出来ると外周艦隊が出撃する。

前回開戦のきっかけとなった時とは真逆の立場になり、呼びかけるガミラス艦隊に無言で応じる地球防衛軍外周艦隊(イメージはTV版さらばのヒペリオン艦隊)。
後方のガトランティス艦隊を見て、ガミラスの罠だと判断し、交戦開始。
主力戦艦の拡散波動砲の初お披露目。ガトランティスごとガミラス艦隊を粉砕したところで前半15分終了。

護衛艦の艦長で参加した古代が戦闘前に艦隊司令を説得するも、前回沖田艦長がそうされたように更迭されるシーンも入れると対比になっていいかも。

命令に逆らう、
軍人としては間違った行動だ。あってはならない…
だが、軍人であっても一人の人間として行動しなくてはならん時もある。
人は間違いをおかす…もし、それが命令であったとしても、
間違っていると思ったら立ち止まり、自分を貫く勇気も必要だ。
そうわしは思う。


という沖田艦長が古代を諭す言葉が2199で出てきましたが、これを思い出した古代が退役していたヤマトに乗り込み、旧乗員を乗せて地球を脱走、一路イスカンダルへ。


まぁ、どのような作品になるかわかりませんが、2199のように映画館へ通って円盤を買うようなことはないかと思います。
あれは一種の懐かしさに包まれたお祭り気分でした。
最近の事情を鑑みますと、一枚7000円の円盤購入はなかなか踏み切れませんなぁ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://vjedelta.blog72.fc2.com/tb.php/503-987b4e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。